ソーラークッカー  かるぴか

                                                      - 工房あまね さんの かるぴか です。高性能です。  -

 ホーム > 機器・材料一覧 > ソーラークッカー 4

    太陽光でお湯が沸かせるので、一家に1台あるといいですよ。

 

    いくつか、自作のソーラークッカーを製作しましたが、市販品の物は、どの程度の性能なのか

  知りたいと思いました。 そこで、「工房あまね」さんの、「かるぴか」を購入してみました。

   製品の詳細については、「かるぴか」のホームページをご覧下さい。

 

--------------------------- < 2015年7月10日 追記 > ------------------------------------

工房あまね さんのリンク先が変更になっていました。

            「工房あまね」さんのリンク先は こちら

            「かるぴか」のリンク先は こちら              です。

------------------------------- < 追記 終わり > ----------------------------------------

 

  過去に、パラボラアンテナのソーラークッカーを製作しましたが、組み立てや撤収は、手間がかかり、

  実験なら良いですが、普段から使うには実用的ではありませんでした。 この点、かるぴか は、

  製品なので、良く考えられており、組み立てや撤収も手間がかからず、実用的だと思いました。

  

   さっそく、お湯を沸かしてみました。 

  

   1リットルの水を鍋に入れてあります。

   鍋は付属の片手鍋です。蓋のつまみや鍋の取っては、熱(光)を反射するように白くなっています。

  

   メーカーのデータ通り、30分ちょっとで、お湯が湧きました。

  レトルトを入れて暖めたことがあるのですが、上からも光が集まるので、(透明な蓋の場合)、レトルトが

  熱で少し変化した部位がありました。

 

   照準器もついています。ボルトの影が最小となるようにパラボラを向けると、焦点が鍋に集まる仕組みです。

   

   15分に1度、太陽に向きを調節します。

    

 

  

    天候に恵まれず、富勢西小学校の科学クラブでは、まだ使用していません。

   柏市放課後子ども教室 富勢西小学校 科学実験・電子工作教室で 使用しました。

   

    この時は、太陽光がテーマで、ソーラークッカーやソーラーバルーンの実験を行いました。

   向こうでは、100均の日よけを利用したソーラークッカーで、ゆで卵を作っています。

   

    時間がかかるので、なんともスローな実験でした。

 

  

    パラボラの集光力をみるため、新聞紙に火をつけています。みんな興味深そうに見ています。

    

 

    

     ポップコーンを作りました。

    

    かるぴか購入時、ポップコーン用の鍋は、ちょうど売り切れでした。 このため、100均の鍋を使用しています。 

   鍋の蓋は黒いので、アルミホイルを被せています。

 

    ポップコーンが、出来ました。 この日は、太陽は薄い雲に覆われていましたが、なんとか出来ました。

    

   

     みんなで、出来たポップコーンを食べました。 おいしかったです。

     

      食用油の代わりに、バターを入れた方がおいしいと、アドバイスを受けました。次回からそうしてみます。

 

 

    

       管理人は、いろいろな既製のソーラークッカーを購入したことがないので、比較はできませんが、

      「かるぴか」は、良く考えられている製品だと思いました。 性能も良く、多少の薄雲があっても、

      調理できました。今後は、実験以外にも使用しようと思いました。 晴れの日にはお湯を沸かしたり、

      カレー等の料理を作ったり、煮物をしたり等、実用的な製品だと思いました。

 

         

 

 

 ホーム > 機器・材料一覧 > ソーラークッカー 4

 

                                       千葉県柏市立富勢西小学校  科学クラブ 日記

 

実験機器・材料のページに戻る

                                               

 

 

 

inserted by FC2 system